ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白戸修の事件簿」 大倉 崇裕

 
 

内容(「BOOK」データベースより) どこにでもいる善良な大学生・白戸修にとって東京の中野は鬼門である。殺人の容疑者が飛び込んで来たり、ピンチヒッターで行ったバイトが違法だったり、銀行で強盗に銃を突きつけられたり…。だが次々に事件を解決する彼を人は「巻き込まれ探偵」「お人好し探偵」と呼ぶようになる。小説推理新人賞受賞作を含む、ちょっと心が優しくなれる癒し系ミステリー。

<感想>
 「巻き込まれ型」の最たるものです。それにしてもいくらお人好し
に見えるにしたって、みんなすぐに白戸君のことを信用しすぎでは?
とか思ってしまいますが、スリや万引き、探偵に関する薀蓄ネタが
リアリティを増している感じ。
 文章も読みやすく、どのラストも爽やかに終わるので、万人に
お勧めできそうです。

 せどり的には、どれもそこまで価格は落ちていないので
単Cなら買ってもいいかなと。
 その中でアンソロジーのこれが定価超え。他にも永井するみや
翔田 寛など現在活躍中の作家の作品が入っております。



  ためしに参加してみました。 人気blogランキングへ

   こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/85-67c547de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。