ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風果つる館の殺人」 加賀美 雅之

 
 

内容(「BOOK」データベースより) 恋人のメアリー・ケリイに付き添って、ケリイ家の屋敷・通称『風果つる館』を訪れたパトリック・スミスは、膨大な遺産を巡る諍いに巻き込まれる!発端は、奇怪極まる遺言状。一族はやがていがみ合い、パットとメアリーの運命にも暗雲が立ちこめる。そんななか、この地に伝わる伝説の巨人の影が、見えない襲撃者が、人間業とは思えぬ殺害現場を造り上げていく―。パリ警視庁の名予審判事シャルル・ベルトランが、この難事件に挑む。

<感想>
 「館もの」かつ莫大な資産を持つ一族の「遺産相続もの」という
古き良き時代のミステリ。会話やキャラの造形も、コードに則った
典型的なもの。目新しいところはありませんが、こういうのが好きな人
にはたまらないかも。自分も割りと好きです。この作者は3作とも全て
そんな感じです、このままこの道を究めて欲しいですね。
というかこのままで現代ミステリに挑戦されると、結構つらいかも。

    せどり的には、以前はこれが在庫切れで一時低定価超えしていましたが
今は在庫復活しています。

   


  ためしに参加してみました。 人気blogランキングへ

   こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/76-bc974a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。