ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イキガミ」 間瀬 元朗

     
 

出版社/著者からの内容紹介
ある日、突然届けられる死亡予告証“逝紙(イキガミ)”。それを受け取った者に残された時間は、わずか24時間…! 異才・間瀬元朗が渾身の力で描く、魂を揺さぶる究極極限ドラマ!!

<感想>
 もしあした死ぬとしたら、何をするかという問いは昔からいろいろな
作品で描かれていますが、その死が国家による「国家繁栄維持法」
という法律に基づくものだという設定が新しいです。
 最後の1日を周りの人の為に使ったり、復讐に使ったりと様々ですが、
それぞれで命の重さを考えさせられます。
 今後は主人公の成長過程が描かれることに期待しています。

 個人的には、この作品を思い出しました。一応定価超えです。


 ためしに参加してみました。 人気blogランキングへ

 


スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/71-1e9d9136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。