ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「探偵映画」 我孫子 武丸

 
 

内容(「BOOK」データベースより) 映画界の鬼才・大柳登志蔵が映画の撮影中に謎の失踪をとげた。すでにラッシュも完成し、予告篇も流れている。しかし、結末がどうなるのか監督自身しか知らないのだ。残されたスタッフは、撮影済みのシーンからスクリーン上の犯人を推理していく…。『探偵映画』というタイトルの映画をめぐる本格推理小説。

<感想>
 結末は監督しか知らない「探偵映画」を、スタッフや出演者が
解決編のシナリオを推理する・・・というストーリーを聞いた
だけでワクワクします。真相も自分には、納得でき、満足できる
ものでした。
 この作者は「かまいたちの夜」の作家として有名ですが、
小説もどれも面白いです。もう少し、執筆スピードがあがると
良いのですが。
 せどり的には、あまりありませんがこれは何とか薄利本として
使えるかも。
 

 ためしに参加してみました。 人気blogランキングへ

 


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/67-79b5acf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。