ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おまめの豆本づくり」

  豆本づくりの本が売れました。微妙に定価超えです。


  1980円 

 いつかどなたかのブログで豆本関連の本を紹介されていたような気がします、この本だったかは覚えていませんが。それが頭の片隅に残っていて、サーチした本だったと思います。豆本関連では他にこんな本もありますね。

 

 さて。こんな感じで他の方のが紹介されている商品をチェックするのも役に立つのですが。
 でも、個人的に、一番役に立つのは。ズバリ、
自分は得意としている分野で、よく出品している人の出品物一覧
です。
 いくら高額商品もチェックして覚えても、せどれなければ意味がありません。なぜせどれないかっていうと、もちろんなかなか古本屋にないからなんですけど、でも仮にあっても、見慣れない棚なんかだと見つけられないっていうことも多分あると思うんですよ。
 でも自分が得意な分野だと、棚をよく見ているので、見つけやすいんですよね。

 そんなもんで、自分と得意な分野が重なる何人かの出品者の出品物を定期的にチェックするようにしています。すると、得意分野でも高額であることを知らなかった商品について、知ることができます。そしてこれらは得意な分野であるために、すぐに覚える事ができますし、棚にあっても、見つけ損なうことがほとんどありません。
 この方法で、どれだけ良い商品を数多く仕入れられたかわかりませんので、この何人かの出品者には、足を向けて寝ることができません。いや、もちろんどこの方か知らないんですけど。

 「参考になる出品者を見つける」というのは、せどりの腕を上げる、最も効果的な方法だと自分では思っています。


 現在ランキング73位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

テーマ:せどり - ジャンル:本・雑誌

コメント

こんにちは。お久しぶりです。
「参考になる出品者をみつける」って、意外な着眼点と思いますが、
そもそもそんな出品者をみつけるって、大変な作業と偶然や運が
なければ無理と思いますが・・・。
でも、sedorianalystさんは見つけた訳ですよね。

ちなみに私の在庫一覧は、(売れるものが売れても仕入れは減少ぎみ)
なので、売れない洋書部門の本が18パーセントもあるんですけど、
洋書が得意分野なのではありません。
(そもそも英語なので何の本やら・・・)
だから私の一覧は何の参考にもなりません。

良く売れてる方のなら、勉強になるかもしれません。
どういうところからも何かを吸収しようとする姿勢に感動しました。

  • 2009/11/29(日) 20:43:13 |
  • URL |
  • 菜の花 #-
  • [ 編集 ]

>菜の花さん
 こんばんは、コメントありがとうございます。

 「参考になる出品者をみつける」のは、その分野で
自分が出品すると、何度か同じ出品者の名前を見つける
ことがありまして。そういう人を見つけた場合、必ず出品物一覧を
見るようにしていますと、そのうちその分野の先駆者が見つかって
くるわけです。まあその分野にもよると思いますが。自分はちょっと
気になったら、とりあえず出品物一覧を調べていますが、そういう
ことが好きなので、特に大変という感覚はありません。

 CDでもDVDでもコミックでも文庫でも何でも良いんですけど、
高額であることがわかっていれば、割と簡単に見つけられるものって
あると思うんです。

 でも得意(な自分ではつもりでいる)分野でも、安いと思い込んで
サーチもせず、仕入れ対象にしていない高額商品っていうのもある
んですよね。こういうのを知るのに他者の在庫一覧というのは、とても
役に立ちます。そしてこういう参考にできる先駆者の出品物というのは
根拠のない値付けではなく、実績や裏付けがある値付けをしているものが
多いので、価格下落が起きずに売れてくれる確率が高いです。

 ここで重要なのは、「実績や裏付けがある」というのと
「高額であることがわかっていれば、割と簡単に見つけられるもの」ということでして。
どんな人の在庫一覧でも、価格順に並べれば、高額商品がズラズラと
出てくるわけですが。でも、それに「根拠」があるのか、「なんちゃって価格」なのかは
なかなかわからないんですよね。そして、仮に本当に売れるような高額商品でも
どこを探せば良い商品なのかもわからなければ意味がないことになります。

 実際、有名な凄腕セドラーの在庫も見る事があるのですが、これを見て、仕入れられた
経験が自分にはありません。なんせ自分でやっている予約商品メモでも、
ほとんど見つけられていないわけですから(笑)

 誰にでもお勧めできる方法ではないのかもしれませんが、少なくとも自分には
一番役に立っています。

 ちなみに、洋書は、ランキングもよくわからず、せどり開始当初に2,3冊仕入れた
程度で、それ以来仕入れたことがありません。素人には手を出せない分野だと
あきらめております。苦手な分野はさっさと見切るのも大事なのかもしれません(笑)

  • 2009/11/29(日) 22:49:55 |
  • URL |
  • sedorianalyst #-
  • [ 編集 ]

ご説明ありがとうございます。
なるほど~。
片っ端から一覧を開いてゆくのかなと、自分にはそれしか想像できなかったです。(汗)
出品冊数が同じくらいの出品者の在庫一覧を「どんなラインナップじゃ」とのぞいたことはありますが、仕入れに応用するという視点はありませんでした。

この記事を読まれた方も参考になると思います。

ところで、洋書は「買取」にだしても値がつかないんですよ。(涙)
それで、まんま棚を占領してるだけなんですが、国内出品者が自分の他にはいないという事もよくあり、価格もあまり下がらないので、気長におつきあいしてます。
(たまには売れますし)

もう、12月にはいりますねぇ。
仕入れも強化したいですし、売り上げも、大きいトコロがドカンと出てほしいです。
では失礼します。

  • 2009/11/30(月) 00:57:55 |
  • URL |
  • 菜の花 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/600-09d284cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。