ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クラシック名曲1000聴きどころ徹底ガイド」

 可出品の本が売れました。



 基本的には状態は「良い」以上のものだけを仕入れています、気付かなかった場合は別ですが。できるだけ、苦情が生じる事態は避けたいので。
 ただ、状態が悪くても、需要がありそうなものは、かなり安く出品することを想定して、仕入れます。この本も歪みの傷みがあったので、最低価格の半額以下1200円で出品したところ、何とか売れてくれました。
 ただこの時困るのは、「良い」以上の他の出品者が、追随してくる場合です。こっちは状態が悪いので、価格を安くしているのに、機械的に合わせてきてしまうんですよね。あちらからすると、「無駄に相場を下げて」と思うのかもしれませんが。さて相場を下げている責任が大きいのはどちらでしょうか。

 このような状況に限らず、いわゆる相場が崩れる時、その原因は、最初に下げた一人目でしょうか、それにすぐ付いていく二人目でしょうか。それとも、それ以降の三人目、四人目でしょうか。
 案外、誰も自分が原因ではないと思っているのかもしれませんね。


 現在ランキング33位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

よくありますよね・

こんにちは。
菜の花です。お邪魔します。

私も可の時は、かなり差をつけて出品します。
追随してくる出品者は「良い」なのに「モッタイナイ」と思いますね。

最近、ついに価格訂正ソフトを導入しまして、
というのは、アマゾン手動での訂正があまりにもイライラしまして、
デザイン変更の故か、私のパソコン故か、
もともと購入者目線の価格設定で訂正の必要はないと自負してたんですけどぉ、
ついにストレス軽減のため、まあ、やってみたのです。

そしたらば・・・・。
あれ(ソフト)って、1円下げるだけではなく、
離れた最低価格を、グググ~ンと2番手の1円下に上げてしまうんですねぇ。
1万円程度で出品してたのが、俺様さんに1円差で迫って、5万とか7万になったので「ビックリ!!!」しました。
「除外」設定であわてて直しましたよ・・・。
「この価格で購入されたら大変だっ。」

「まて、それはそれでラッキィ池田??」

とかって、初体験というものはスンナリいかないもののようです。
ここにいたって、
「そういえば、書き込みやスリキズ多くて格安で出品した品も、上がった?」
と気ついたのですが、もはや、多数ある品のどれだったかは、わからない・・・・。

私も本来は「可」というものは、格安であるべきと思うのです。
ただ、訂正ソフト(簡易版)を利用してる人もまた多数だと思うので、売れるように
「値下げ」に神経使っても、「値上げ」しないよう神経使うのも大変な訳で、最安が下がっちゃったら、追随しての値下げするのも「作業ロス」として仕方ないかも、と思ったりしてます。
実際、購入者さんは、自分が注文確定してしまったら、実は2番手の人より1円安かったか、100円安かったか、気にしないのではないでしょうか。
それほど差がなければの話ですけど。

長いコメントで申し訳ありません。

写真の「CDジャーナル」は、仕入れ価格がいくらぐらいか興味あります、
この相場で旅立ちしてくれれば、おいしいですよね。
在庫もあと数冊みたいですね。
出品者も一人だし。
私もこういう本を見つけたいなぁ~。

  • 2009/05/30(土) 22:46:56 |
  • URL |
  • 菜の花 #-
  • [ 編集 ]

Re: よくありますよね・

>菜の花さん
こんにちは、コメントありがとうございます。

価格訂正ソフト、もちろん便利なのは重々承知しているのですが
どうも自分の価格調整には合わない気がして未だ導入していません。
できるだけ確認しながらやりたい性分なので。でも手動は本当にイライラしますよね。
ソフトは、値下げよりも値上げに有用かと思っていましたが、なるほど、
高くしすぎてしまうこともありますよね。除外設定も結構面倒でしょうか。

出品数が多い人は、当然「作業ロス」を考慮して、効率を優先すべき
だと思いますので、ソフトを使用するメリットは大きいのだと思います。
自分のような零細出品者は、何とかその隙をついて、電脳でもできると
良いのでしょうが、そんな才能はありません。。。

紹介した商品は105円での仕入れです、単C棚で見つけた瞬間、
普段こういう本が単C棚に落ちない店なので、「傷みか書き込みが
ありそうだな」と思ったのですが、案の定でした。
売れてしばらく経ちますが、特に苦情もなさそうなので、良かったです。

  • 2009/05/31(日) 11:46:17 |
  • URL |
  • sedorianalyst #-
  • [ 編集 ]

難しいところですね

自分では、可には、ついて行かないようにしていますが、
価格訂正ソフトによっては、可を区別してくれないので、
除外には、ちょっと苦労してます。
状態説明を見ると「最低価格は俺のもの」的な可の
人もいますし、価格訂正ソフトを使ってる人に、コメントの
確認を求めるのも酷なところありますから、「可だから
ついてこないで」は、なかなか難しい気もします。
わたしも、滅多に可は出品しませんが、出品する時は、
売れないの覚悟で、「良」と同額出品です。

  • 2009/06/01(月) 00:29:59 |
  • URL |
  • 結 #TrbXlh8U
  • [ 編集 ]

Re: 難しいところですね

>結さん
こんばんは、コメントありがとうございます。

 「可」の時に、売れないのを覚悟で、というのは同じなのですが、
値段の付け方が違うのですね。自分は「売れないのを覚悟」→
「利益を上げなくても良い」と思ってしまいますので。
上の商品であれば、もし仮に「良」以上の人が、1200円に
追随してきたら、800円にすぐに下げます。その後も追随
してきたら、800→400→200円と下げますね。その後は
出品を止めるか、電脳するか、でしょうか。
追随されたら困ると書きましたが、実際は、あまり困って
はいなく、状況を楽しんでいるくらいです。

 実際の話、同じ商品で状態が違うのであれば、値段に
それを反映するというのは、通常の行為ではないでしょうか。
単純に「可に追随するな」と言っているわけでは決してなく、
そのやり方で良いのか改めて考えて欲しいという気持ちがある
んですよね。
価格調整ソフトを使うことで、100個のうち1個、可に追随して損をしても、
残り99個で、効率よく利益を上げられるというのであれば、その
やり方は正しいんだと思います。でもその損をする1個の商品を、
安い価格に追随する原因となったということで、「可」出品者のせいに
されてしまうと、少し戸惑ってしまいます。
どうも、今は自分のような価格の付け方は、非難されてしまう傾向に
あるような気がしてしまいます。一応、自分なりに色々考えながら
やっているんですけどが。

決して「可」出品が好きなわけではないですよ、ほとんどは
仕入れ時の確認ミスでやむを得ずというパターンです。
大体皆さんそうですかね?

  • 2009/06/01(月) 23:41:54 |
  • URL |
  • sedorianalyst #-
  • [ 編集 ]

「可」には確かに、状態が悪いのでという出品もありますが、コメントを見ても何故「可」したのか分からない「最低価格にしたいだけ」に見える出品もありますね。
どちらにしても、「良」の出品者が突っ張ったり、自動対応したりすると、800→400→200円になりますから、「あぁ、値崩れパターンに入ってるね。」と、付いていかずに見守ることにしてます。でも、「可にしたからって、最低価格を独占できると思うな。」って、対抗値下げする「良」出品者の気持ちも、よく分かります。
値崩れの責任ということでいえば、対抗する「良」出品者には、「そんなの付いていっても値崩れするだけでしょう。」と思うのと同様に、「可」出品者にも「可だといって値下げしても、値崩れ起こすだけでしょう。」と思います。どちらもどうなるか、ある程度予想は付きながらやってるのですし、値崩れという結果は一定割合で確実にありますから、せいぜい、「共犯」だと思うのですが。

  • 2009/06/02(火) 01:51:16 |
  • URL |
  • 結 #TrbXlh8U
  • [ 編集 ]

あの手この手

sedorianaiystさん、こんにちは。
状態の悪い品が、普通にいい品と比べて、1円しか違わないのは、購入者にとって問題だと思います。1円違いなら「良い」を購入すればいいだけ。
が、購入者さんは、一番上のボタンを押しやすいですし。

評価らんで「可」なのにきれいだった、とか非常に良かったとコメントをもらうと、
期待度の落差で「5」をもらいやすいのだと、副産物のようにニヤリとする出品者もいるはず。
(私も結果的にそうなってしまうことも中にはある。いろいろな事がある)
「可」だと、(悪いから可なのだが)あとで、また折り目とか発見したとき、
「可なので御了承ください」とも言えるし。
もちろん、なぜ可なのか悪い点をわかりやすくコメントします。

お話は「相場くずし」が本線ですよね。
私は、出品を始めた2年ほど前は「アマゾンの古本て高すぎる」
と思ったものですが、某サイトの古本は、さらに高い感じがありますし、
今では、結さんの記事にもありますように、
「BOよりアマゾンの方がずっと安い」状態に思います。
セールでなければ仕入れる気になれません。

価格がどんどん安くなるということは、モノがだぶついていて
安くしなければ売れないということだし、新規出品は減る、
利益がないので撤退者が出る、
緩やかに回復する、という流れだと、「売り急がないモノが勝つ」のですかね。
そのためには・・・・。


あまり考えないことを考えたので頭がイタクなりましたよ。
漠然的、一般論と思われたらすみません。

モトに戻りますが、私は「可」が多い方かもしれません。
「なぜ可なのかわからない出品者」にあたるかもしれません。
「可」のせいでいつまでも売れない品があるのかもしれません。

高価格帯ほど可にしてはいけないのか
(お客さんが避けるから)
高価格帯ほどいつも以上にシビアに査定すべきか。
(ちょっとも良いでなければお客によってはガッカリさせるかも)

いずれ、アマゾンのガイドラインなんて何の役にも
たってないのですよ。

  • 2009/06/02(火) 11:37:28 |
  • URL |
  • オレンジミント #-
  • [ 編集 ]

お名前まちがいました、すみません。

オレンジミントですが、上のコメントで
sedorianalystさんの、スペルの入力まちがいがありました。
申し訳ありません。
失礼お許しください。

  • 2009/06/02(火) 11:44:24 |
  • URL |
  • オレンジミント #-
  • [ 編集 ]

>結さん
こんばんは。
自分は、自分なりの基準で「良い」では出せない状態のものだけ、「可」にしています。
「最低価格」を目的に、状態を変えることはありません。

その上で敢えて申し上げるのですが。

「最低価格」にする目的で、「可」で出品することは、悪いことでしょうか。むしろ、
無駄な価格競争を防ぐものとして、一つの有効な手段とさえ思ってしまいます。
相手が自分と同じ「良い」の状態の時に、安値更新したくなる(状態が同じなら
価格で優位に立ちたい)気持ちならわかりますが、相手が自分より悪い状態「可」の
時に、「最低価格を独占するな」と意地になる気持ちは、あまり自分にはわかりません。
そういう人は、相手の状態がどうあれ、最安値を追い求めるのではないでしょうか。
最安値が「良い」なら許す、「まやかし」の「可」なら許さないなんていう人は多くない
気もします。

そう考える人がいるとしたら、価格訂正ソフトで、「可」出品者には
追随しない設定をしている人だけだと思うのですが。
さすがに自分の価格訂正ソフトの設定に合わない出品の仕方は認めないというのは
無理がありますよね。自分もそうですが、訂正ソフトの隙をつくやり方を模索している
人もいるわけですので。

状態を実際より良い表示で出品するのは、問題がありますが、実際より悪く表示するのは
その本人が販売率及び販売価格の低下のリスクを負いながら行っていることですので、
自分は全く気にしません。

「共犯」というのは、その通りだとは思うのですけど。

  • 2009/06/03(水) 01:15:40 |
  • URL |
  • sedorianalyst #-
  • [ 編集 ]

Re: あの手この手

>オレンジミントさん
 こんばんは、コメントありがとうございます。

 そうですね、「可」出品での高評価は自分も経験があります。「良い」の時でも
そうですが、「思ったより綺麗で、新品同様でした!!」みたいなコメントって結構
多いです。このことからも、人によって感じ方は違うのがわかりますよね。
Amazonのガイドラインとおりに出すと、ほぼ全て「良い」以上になると思いますが、
間違いなくクレームや低評価は増えるでしょうし。

 自分は高額価格だから、「可」にするということはありませんが、ただチェックはおのずと
厳しくなるので、「可」にする可能性が高くなるということはあるかもしれません。ん?でも
あまり高額で「可」で売れた商品は記憶にないかな?「可」にsたら、自分でどんどん値下げ
してしまっているということかもしれません。

 「売り急がないモノが勝つ」と考えたいところなのですが、実際は難しいかなという気が
します。商品によっては、相場が回復するものもありますが、多くは下がったっきりでしょう。
そうはいっても、ただ最低価格を更新していくだけでは、先は見えていますしね。
そこでどう動くかが難しいところです。

あ、名前は気にしないで下さいね。自分でも他のブログにコメントを書くときに間違えそうに
なるくらいですので。。。

  • 2009/06/03(水) 01:35:39 |
  • URL |
  • sedorianalyst #-
  • [ 編集 ]

しつこいレスになること、申し訳ありません。議論を楽しんでるということでご容赦ください。

「可」出品には、状態差によるものも、戦略的なものもある。
その上で、戦略的「可」出品も、リスクを負ってすることなので、「悪い」ことではない。
すべて、同意します。

そして、その考え方に立つならば、良出品者が、追随することも、なんら「悪い」ことではないはずです。
では、追随する良出品者に「そのやり方で良いのか改めて考えて欲しい」ことって、何でしょうか。
多分、「そんなことで価格を下げてしまって、本当に得なの?」ってことかと思いますが、全く同じ問いは、価格を下げて出品する可出品者にも返ってくるように思います。
良出品者への「状態が悪いことで、価格を下げてる可に合わせて値下げしても、また下げられるだけだよ。」という問いかけと同様に、可出品者へも「状態が悪いことで、価格を下げてるからって、良出品者が値下げしてくるなら、もう一度値下げしても、同じことだよ。」と。

アマゾンで、状態差で価格差をつけるのは、かなり難しいことだと思います。そして、安くした価格に追随されたからといって更に値下げする行為は、単に早く売りたいからと、同じ良出品で値下げする行為と変わらないように思います。勿論、値下げすることも戦略なので、「悪い」ことではないのは当然ですが。

  • 2009/06/03(水) 04:08:48 |
  • URL |
  • 結 #TrbXlh8U
  • [ 編集 ]

>結さん
おはようございます。

>では、追随する良出品者に「そのやり方で良いのか改めて考えて欲>しい」ことって、何でしょうか。
>多分、「そんなことで価格を下げてしまって、本当に得なの?」ってこ>とかと思いますが

まさしくその通りです。
自分は、「良い」以上の場合は、状況に応じてですが、「可」の
場合は原則的に最安値(それも他の「良い」出品者との並びではなく
価格差をつけたもの)にしております。まあこちらも状況に
よって変わるのですが。
これはやはり個人的に、「状態差で価格差をつける」というのが
市場として本来あるべき姿ではないかと思っているからです。
これは確かにAmazonでは難しいのかもしれませんが。
極端な例ですが、レンタルアップのCDに、新品同様のCDが
向きになって、最安値を競う必要はないですよね。

同じことなのかもしれないのですが、「良い」同士の価格競争よりも
「良い」と「可」の価格競争の方が「問題がある」と思ってしまうん
です。

自分の「可」出品で、売れなくても良いと考えているときの
価格の下げ方は、我ながらひどいですよ。あっと言う間に
価格が暴落していきますから。他の「良い」出品者からは、
恨まれているのかもしれませんが、一応こういった思いを
込めてやっているつもりです。

あまりちゃんとした返答になっていないかもしれませんが。

議論を楽しんでいるのは、こちらも全く一緒です。
いつもニコニコしながら、コメントを読ませていただいていて、
本当に有り難いと思っております。これからもどうぞ
遠慮せずに、よろしくお願いいたします。

  • 2009/06/03(水) 07:41:45 |
  • URL |
  • sedorianalyst #0EjQUAK2
  • [ 編集 ]

やっぱり、なかなか難しいところですね。
「可」出品に対し、みんなが同じ考え方を持っているのであれば、
きっと、うまくいくのに・・・ですね。

  • 2009/06/03(水) 23:51:41 |
  • URL |
  • 結 #TrbXlh8U
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/566-5b52eebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。