ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2009年本屋大賞」決定

 先日、2009年本屋大賞が発表され、今年は湊かなえさんの「告白」が受賞しました。

2009年本屋大賞」結果発表

 

 今見ますと、Amazonランキングが6位まで上昇しています。昨年から各雑誌で絶賛され、新人のデビュー作としては異例の売り上げだったのですが、その後もテレビ番組などで取り上げられるたびに、順位を上げていました。
 そして今回の受賞、デビュー作で受賞したのは初めてですし、見事ととしか言いようがありません。
・・・とか書いておきながら、まだ読めていないんですよね。ブックオフで見つけたいなあと思っているのですが、今のところ、見つけられないです。まあそのうち落ちてくることに期待しています。


 現在ランキング14位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

コメント

こんにちは。オレンジミントです。
読書メルマガなんかで「告白」のあらすじ紹介とか、アマゾンのレビューをよむと、なんかすごい後をひきそうな感じで私は読もうという気持ちになれません・・。

自分の子供は小学生の低学年いじめにあったことがありました。
親として何もできなく、何年もすぎた今でも、時間が戻ったかのように苦しい気持ちになることがあります。
いじめの心理を扱った本は色々あるでしょうが、私はせどりをはじめてから岩月謙司さんの「メルヘンセラピー 般若になったつる」を読み、
こういう本に早くであいたかったとおもいました。

「いじめ」ってホント、悲しいですよね・・・・。

ちょっと、コメントらしくなかったかな。

  • 2009/04/07(火) 23:39:40 |
  • URL |
  • オレンジミント #-
  • [ 編集 ]

>オレンジミントさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
「告白」は確かに読後感が悪いという話ですね。それにもかかわらず
これだけ話題になるというのも珍しい気もします。
本屋大賞も今までは割と青春小説のような多くの人に受け入れられ
やすい作品が受賞することが多かったので、ちょっと意外でした。
書店員から見ても、それでも読んで欲しいと思えるほど、評価が
高かったのでしょうね。

とは言え、テーマがテーマだけに、オレンジミントさんのように
拒否反応を示す人も少なくないと思います。

「いじめ」については、とても難しい問題ですので
自分が気軽に意見はなかなか言えないのですが。
ただ、子供は純粋な分、無邪気な残酷性も合わせ持って
いるので、大人の盲目的な思い込みは非常に
危険だと思ってはいます。

こういったコメントもありがたいですよ、これからも
どうぞ、思ったことをお書きいただければと思います。

  • 2009/04/08(水) 13:41:52 |
  • URL |
  • sedorianalyst #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/547-29137118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。