ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シャドウ」 道尾 秀介

 
 
 
内容(「BOOK」データベースより) 人間は、死んだらどうなるの?―いなくなるのよ―いなくなって、どうなるの?―いなくなって、それだけなの―。その会話から三年後、鳳介の母はこの世を去った。父の洋一郎と二人だけの暮らしが始まって数日後、幼馴染みの亜紀の母親が自殺を遂げる。夫の職場である医科大学の研究棟の屋上から飛び降りたのだ。そして亜紀が交通事故に遭い、洋一郎までもが…。父とのささやかな幸せを願う小学五年生の少年が、苦悩の果てに辿り着いた驚愕の真実とは?話題作『向日葵の咲かない夏』の俊英が新たに放つ巧緻な傑作。

<感想>
 なるほどそうきたかという感じ。伏線はいろいろあるというのは
読む前から分かるので、自分で先を読みながら、読み進むわけですが。
予想できたところもありますが、基本的にははずれまくり。ミスリード
にいとも簡単に引っかかりました。
 さすが今話題の作家です、初めて読んだのですが、他のも
読んでみます。単Cであれば買うんですが、まだ落ちないですよね。
ちなみに他の作品はこんなのです。

 
 


 ためしに参加してみました。 人気blogランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/50-1fef12bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。