ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「聖女の救済」 東野 圭吾

    

内容(「BOOK」データベースより)
男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は―虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない。

<感想>
 「ガリレオの苦悩」と2作同時発売のガリレオシリーズの長編です。
 いやいや、こちらも見事でした。本当にうまいなあ。このメイントリックも、それだけ説明されたら、馬鹿にされてしまうようなトリックかもしれないんですけど、それを最大限に活かすための舞台作りが素晴らしく、「虚数解」なんていう言葉を使ってガリレオシリーズとしても違和感なく読ませています。
 強いて言うと、草薙刑事の心情が伝わりにくかった気が。綾音のどこに魅かれているのかをもう少し書き込んでほしかったような気がします。


 現在ランキング24位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/498-cff82728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。