ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犯罪小説家」 雫井 脩介

    

内容(出版社 / 著者からの内容紹介)
新進作家、待居涼司の出世作「凍て鶴」に映画化の話が持ち上がった。監督に抜擢された人気脚本家の小野川充は「凍て鶴」に並々ならぬ興味を示し、この作品のヒロインには、かつて伝説的な自殺系サイト「落花の会」を運営していた木ノ瀬蓮美の影響が見られると、奇抜な持論を展開する。待居の戸惑いをよそに、さらに彼は、そのサイトに残された謎の解明が映画化のために必要だと言い、待居を自分のペースに引き込もうとしていく。そんな小野川に、待居は不気味さを感じ始め――。全篇に充ちた不穏な空気。好奇心と恐怖が交錯する傑作心理サスペンス!

<感想>
 「犯人に告ぐ」「クローズドノート」などで有名な雫井脩介さんの最新作です。雫井さんと言えば、どの作品もリーダビリティが高く、次々と映像化もされており、今最も勢いのある作家の一人です。
 さてこの作品ですが。相変わらず読む手を止めさせません。特に前半で印象的なのは、脚本家の小野川の気持ち悪さですね、「火の粉」に通じるところがありました。そして後半の展開は、多くの人はある程度頭に浮かんだものだったかもしれませんが、そこへ至る過程の描き方が上手いですね。そしてラスト数ページは、かなりしびれました。
 とはいえ。雫井さんだったら、もっともっと楽しませてくれないと、と思ったのも事実。自殺系サイトという一つのテーマが、ちょっとうっとうしかったのかもしれません。
 次回作も期待しております!!



 現在ランキング30位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/487-e203aa97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。