ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「首鳴き鬼の島」 石崎 幸二

    

内容(出版社の紹介)
相模湾に浮かぶ資産家の私有地・頸木島は、「首鳴き鬼」の伝説から首鳴き島と呼ばれていた。首を切られた鬼の身体が首を求めて鳴きながら彷徨うという伝説だ。若者向け情報誌の怪奇スポット特集の取材で、ガールフレンドとともに島を訪れた編集者・稲口は、後継者問題で資産家一族が集まる頸木島の頸木館で、伝説に見立てた連続殺人事件に巻き込まれた! 孤島、嵐の夜、そして見立て殺人……。メフィスト賞作家が久々に放つ本格ミステリ。

<感想>
 「嵐の山荘」で見立てによる連続殺人なんて聞いたら、もう間違いなく’アレ’がトリックとして出てくるだろうなんて考えてしまうわけですが、それを今まで例のなかった(ないですよね?)トリックで、見事な作品に仕上げています。いや、正直突っ込むところなんてたくさんあるんでしょうし、「人物が描けていない」なんてことを言う人もいるのだと思います。でも良いじゃないですか、この作品はこのトリックを効果的に使うのを一番の目的に、全ての設定を作っているんですから。ご都合主義万歳ですよ、自分には、全く問題なしです。全ての人は認めなくても、本格ミステリファンはきちんと評価しなければいけない作品ではないかと。そういう意味では、本格ミステリ大賞の候補作にもノミネートされて欲しかったですね、評価時にコテコテに叩かれそうな気もしますが。
 さて石崎 幸二さんの他の作品をAmazonで調べてみますと、4作品とも全て絶版のようです。現時点では文庫化もされていません。今後、乾くるみさんのように人気が出てくると、価格も上がってくるかもしれません。でも今の時点で、電脳はちょっと難しいでしょうかね。

  

  


 現在ランキング54位です。 人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/396-1fa26831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。