ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「螢」 麻耶 雄嵩

    

内容(「BOOK」データベースより)
梅雨。大学のオカルトスポット探検サークルの六人は、京都府の山間部に佇む黒いレンガ屋敷「ファイアフライ館」へ、今年も肝試しに向かっていた。そこは十年前、作曲家でヴァイオリニストの加賀蛍司が演奏家六人を惨殺した現場だった。事件発生と同じ七月十五日から始まる四日間のサークル合宿。昨年とちがうのは半年前、女子メンバーの一人が、未逮捕の殺人鬼“ジョニー”に無残にも殺され、その動揺をまだ引きずっていたことだった。ふざけあう悪趣味な仲間たち。嵐の山荘で第一の殺人は呪われたように、すぐに起こった―。大胆にして繊細。驚きに驚く、あざやかなトリック!本格ミステリNo.1の傑作『鴉』から7年。鬼才が放つ新たなる野望。。

<感想>
 どの作品を読んでも麻耶雄嵩さんにはいつも驚かされますが、これも衝撃でした。いわゆる典型的な「嵐の山荘」ものなのですが、そこは麻耶雄嵩さんだけあって、鮮やかな仕掛けと結末を用意しています。読者の読みを逆手に取るテクニックは見事です、ミステリって書き方でいくらでも可能性があるものだと思わせてくれました。
 初めて麻耶雄嵩さんを読む人でも、これは割と入りやすいのではないでしょうか。メルカトルも出てこないですし。  


 現在ランキング44位です。 人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/351-72ce784b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。