ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死亡推定時刻

 せどりをしておりますが、ミステリ漫画を読むのも好きなので、
読んだ本の感想なんかも書いていきたいと思います。


死亡推定時刻 死亡推定時刻
朔立木 (2006/07/12)
光文社

この商品の詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
山梨県で地元の有力者の一人娘が誘拐される事件が起こった。警察の指示に従った結果、身代金の受け渡しは失敗。少女は死体となって発見された!県警は、遺留品に付いていた指紋から、無実の青年を逮捕。執拗な揺さぶりで自白に追い込んでしまう。有罪は確定してしまうのか?そして真犯人は?現役の法律家が描く、スリリングな冤罪ドラマの傑作。

 <感想>
 いや、これは凄い作品でした。
 作者が法律家ということもあって、恐ろしいほどリアリティの
ある描写で、休む間もなく一気に読破しました。こうやって
冤罪事件は生み出されていくのかと考えさせられました。
 ただ、そのリアリティのためか、小説として読んでいる感じでは
なかったので、個人的には、別のミステリ作家が、同じアイデアで
「小説として」書けば、超一流のエンターテイメント作品ができた
のではないかと思ってしまいました。

 
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/3-0d06a6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。