ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BG、あるいは死せるカイニス」 石持 浅海

    

内容(「BOOK」データベースより)
天文部の合宿の夜、学校で殺害されたわたしの姉。男性化候補の筆頭で、誰からも慕われていた優等生の姉が、どうして?しかも姉は誰かからレイプされかけたような状態で発見されたが、男が女をレイプするなんて、この世界では滅多にないことなのだ。捜査の過程で次第に浮かび上がってきた“BG”とは果たして何を指す言葉なのか?そして事件は連続殺人へ発展する―。全人類生まれたときはすべて女性、のちに一部が男性に転換するという特異な世界を舞台に繰り広げられる奇想の推理。破天荒な舞台と端整なロジックを堪能できる石持浅海の新境地 。

<感想>
 2年連続で本格ミステリ大賞にもエントリーされている石持浅海さんの作品。いつも特異な設定作りを行っていますが、これはその中でも最も特殊な、というか完全にSFな設定にしています。登場人物も女子高生が大半で、非常に新鮮でした。
 内容はいつも通り面白かったですけど、いまいち真相解明のあたりがすっきりしませんでした。読み切れていないのかもしれませんが、何故警察がもっと早く調べないのかという疑問でした。関係者はもっと調べるような。。まあ良いんですけど。     

 
 現在ランキング56位です。 人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/232-4cde8043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。