ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「容疑者Xの献身」 東野 圭吾

 最安値ではないですが、すぐに売れました。

 
   1140円

 東野圭吾が悲願の直木賞を含め、ミステリ界の各賞を総なめにした 作品です。  今、月9で放送されている福山雅治、柴崎コウ主演のドラマ「ガリレオ」の湯川学先生が出てくるシリーズでもあります。このシリーズは ドラマ化効果で、「探偵ガリレオ」、「予知夢」も含めて、三作とも売り上げランキング100位以内に入っています。 

    

 「容疑者Xの献身」はドラマと同じキャストで来秋に映画化されるそうですので、しばらく人気は続きそうです。  


 現在ランキング46位です。 人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/221-98ae7a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

果ての花火-銀座開花おもかげ草紙

 「吉原手引草」で直木賞を受賞した著者の受賞後第1作。「銀座開化」シリーズの続編となる連作短編集である。 多くの幕臣が地方へ移り住むなか、宿敵を討つため東京・銀座に残った31歳で旧旗本の次男・久保田宗八郎が主人公。大名子息で洋行帰りの伊達男・戸田三郎四

  • 2007/11/16(金) 21:13:33 |
  • 本ナビ!by Tamecom

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。