ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不良在庫の処分(2007年11月その1)

 ポイントアップ中に再び在庫処分に行ってきました。
 その結果です。

   100円×1(単行本)
  50円×2(単行本)
  20円×2(単行本)
   0円×1(単行本)
  30円×1(新書)
  30円×1(文庫)
 買取不可×1(単行本)

 まあいつも通りの結果なのですが。ここで一つ腹の立つことが。
 実は上に書いたとおり、9冊持って行ったのですが、値段が付いたのは7冊。でも買取不可と言われたのは1冊だけでした。店頭で少しおかしいと思いつつ、自分の勘違いで実は8冊しか持ってこなかったかなと思い、深く気にせず帰ってきてしまいました。
 しかし、帰宅後に確認すると持って行く前に出品キャンセル処理をしたのは、確かに9冊で、家にも置き忘れたりはしていませんでした。
 つまり、
 一冊値段が付きもせず、断りもなく引き取られてしまった本が あったということです。。。

 上の0円×1とはそういう意味です。別に大した値段ではないですが、ひどくないですか?
 きちんと確認すれば良かったかもしれませんが、店頭では他のお客さんもいますので、あまり時間をかけて確認もしにくいですよね。
 皆さんも売りに行くときは、冊数くらいはあらかじめ確認した方が 良いですよー。


 現在ランキング47位です。久々に1ページ目に。 人気blogランキングへ

   こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:せどり - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/216-03ff1592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。