ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パズラー 謎と論理のエンタテイメント」 西澤 保彦

    

内容(出版社/著者からの内容紹介)
出版社/著者からの内容紹介 あなたの脳に挑戦する本格ミステリ短編集。過去の思い出から明らかになる真実。教会で起きた猟奇殺人の真相。アリバイがあるのに、同級生を殺したと主張する女生徒の真意とは。絡んだ謎に挑戦する論理のアクロバット。本格ミステリ短編集。

<感想>
 パズラーというタイトルから、いわゆるパズル小説的なものを期待して読んだのですが、いつもの西澤さんの「論理のアクロバット」ものでした。面白かったですけどね。
 事件に対して論理をこねくりまわして、出てくる結末も証拠があるわけでもなく、事実かどうかもわからないパターン。慣れてない人には、読んでもすっきりしないかもしれません。そしてこの作者はとにかく 人間の悪意や、異常性を持つ大人を頻繁に描きます。この作品に限らず読後感が悪い話も多いので、この辺りも受け付けない人が多いかもしれません。
    

 
 現在ランキング77位です。 人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/201-f590d36a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。