ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生首に聞いてみろ」 法月 綸太郎

    

内容(「BOOK」データベースより)
首を切り取られた石膏像が、殺人を予告する―著名な彫刻家・川島伊作が病死した。彼が倒れる直前に完成させた、娘の江知佳をモデルにした石膏像の首が切り取られ、持ち去られてしまう。悪質ないたずらなのか、それとも江知佳への殺人予告か。三転四転する謎に迫る名探偵・法月綸太郎の推理の行方は―!?幾重にも絡んだ悲劇の幕が、いま、開く。

<感想>
 面白かったですが、ミステリファン向けの作品なので、一般の人には向かない人もいそうです。もともと法月さんの作品はプロット、ロジックが複雑でなかなか頭がついていかないものが多いので、時間がある時にじっくり読むようにしています。このネタをこれだけの話に組み立てられるのは法月綸太郎しかいませんね。
 さて次のシリーズ長編は何年後でしょうか。
    

 
 現在ランキング63位です。 人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/195-ea2ce6de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。