ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジェシカが駆け抜けた七年間について」 歌野 晶午

    

内容(「BOOK」データベースより)
カントクに選手生命を台無しにされたと、失意のうちに自殺したアユミ。ジェシカは自分のことのように胸を痛め、カントクを憎んだ。―それから七年、ジェシカは導かれるように、そこへやって来た。目の前には背中を向けてカントクが立っている。ジェシカは側にあった砲丸に手を添える。目を閉じるとアユミの面影が浮かび上がる―。死んだ彼女のためにしてやれることといえば、もうこれしかないのだ。

<感想>
 あの評判の高かった「葉桜の季節に君を想うということ」に続く書下ろし長編ということで、ハードルが高かったせいか、期待はずれという声が多かったように思います。それもあって今まで読んでいなかったのですが、自分には十分楽しめました。ネタバレになるので、詳しくは 書けませんが、一つの思いつきからここまでの物語を組み立てるということを考えると、ミステリ作家の執念と言うのは凄まじいなと思います。
 この先もどういったネタで驚かせてくれるのかとても楽しみな作家です。    

 
 現在ランキング49位です。 人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/182-c15adb67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。