ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「拷問・処刑」戦慄の世界残酷史

 多くの方がそうされているように自分も発送はほとんどメール便
頼っています。値段体系が変わる時は心配されていた方も多かった
ようですが、自分は一律料金の恩恵とか厚さの恩恵は受けて
いなかったので、特に心配はしていませんでした。実際、1冊あたりの
平均送料は、ほぼ毎月190円台だったのが、昨年10月からは
150円台になりました。
 厚さ1センチ以下が80円になってからは、こういう薄利の本も
回転本として仕入れやすくなりました。



 処刑関係だとこのあたりが一応定価越え。売れるかどうかは
ともかく。他にもありそう。




 ためしに参加してみました。 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/14-d073f6f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。