ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「向日葵の咲かない夏」 道尾 秀介

    

内容(「BOOK」データベースより) 明日から夏休みという終業式の日、小学校を休んだS君の家に寄った僕は、彼が家の中で首を吊っているのを発見する。慌てて学校に戻り、先生が警察と一緒に駆け付けてみると、なぜか死体は消えていた。「嘘じゃない。確かに見たんだ!」混乱する僕の前に、今度はS君の生まれ変わりと称するモノが現れ、訴えた。―僕は、殺されたんだ。半信半疑のまま、僕と妹・ミカはS君に言われるままに、真相を探る調査を開始した。

<感想>  評判の高さは知っていましたが、これは本当に素晴らしかったです。 読む手を止めることなく一気読み。いや、正直言って、救いのない状況 が続くので、先へ進みたくない感覚にも襲われました、読んだ人は わかると思うのですが。そう思わせながらも、ラストまで読ませるリーダビリティは抜群です。自分にはシャドウよりもこちらの方が面白かったです。
 あとまだこの作者で2冊読んでいない本があるので、ブックオフで探したいと思います。  

 
 ランキング参加しております。 人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/130-7afb6a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。