ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインレイン・ボウ

レインレイン・ボウ レインレイン・ボウ
加納 朋子 (2006/10)
集英社

この商品の詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
高校ソフトボール部仲間の通夜で再会した、七人の女性たち。二十五歳を迎え、それぞれが悩みやトラブルを抱えていた。過酷な仕事に疲れた看護師、厄介な職場で奮闘する栄養士、過去のあやまちを引きずる主婦…。彼女たちは、傷つき、迷いながら自分だけの答えを見つけていく―。ミステリのエッセンスを加えながら、前向きに生きようとする女性の姿を描いた、爽やかな青春群像劇。

 <感想>
 加納朋子さんらしい素敵な作品でした、お得意の連作短編集。個人的
には三好由美子のキャラが良かった「雨上がりの藍の色」が
お気に入り、「言い伝え」の真相が明らかになるところもいいですね。
 ラストの章で明らかになる仲間の一人が失踪した理由は、なかなか
切なくなりますね。

 ためしに参加してみました。 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sedorianalyst.blog90.fc2.com/tb.php/10-04fe57ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。