ビギナーによるせどり分析

せどりや読んだ本の感想について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せどりブログを続けること

 自分は他の方のせどりブログを見るのがとても好きです。
 皆さん、いろいろな状況の中でせどりをやられていて、自分とは全く違う考えを持っている方もいれば、割と似たような考え方をしている方もいます。そのどちらであっても、自分には楽しめますし、自分でもブログを書き続けていくエネルギーにもなります。

 ただ自分はあまり得意ではないので、他の方のブログにコメントを残すことは少ないです。うまく思っていることを文章にできずに、相手の方の感情を害してしまうかもとか、宣伝行為と思われてしまうかもとか、いろいろと考えてしまうことも理由の一つです。
 ですので、気に入ったブログや記事があった時は、ランキングリンクなどをクリックしたり、fc2なら拍手をしたりしています。あと自分のブログにリンクに入れることもありますね。

 まあそんな自分なんですが。

 最近、このブログにいくつかコメントをいただいておりまして。もちろん、良い人ばかりにあたっているせいもあるのはわかっているのですが、皆様のコメントというものは、非常に励みになるということを改めて思ったわけで。

 近頃、せどりブログをやめたり、ランキング参加しなくなったりする方もいらっしゃって。そういう方の中には、否定的な意見や読者が増えることを嫌がってという理由もあるのかもしれません。
 ただ自分は今のところですが、どのような意見でも、伝えていただけると嬉しいですし、できるだけ多くの方に読んでもらいたいと思っております。

 文章力が甚だ未熟ですので、誤解を与えることもあるかと思いますが、様々な意見があることを伝えていきたいと考えているだけで、他の方の考え方ややり方を一方的に、否定や批難しようと意図は全くありませんし、もし自分の記事のせいで何か気分を害した方がいるのであれば、とても申し訳なく思います。

 やはりランキング上位の方のブログを見ますと、読者への気遣いというか心配りが上手な方が多く、そのあたりが多くの読者に愛されるブログになっている所以なのだと思います。

 自分はまだまだ足元にも及びませんが、そのようなブログを目指して、これからも続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  


 現在ランキング26位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

旅行中の売上げ

 26日より旅行に出ておりまして、今日帰ってきました。
そんなもんで、発送が遅れる旨を屋号に入れておりましたが、割と好調に売れてくれていました。安い商品が多かったですけど。
 今までも旅行などで不在にする時は、このような対応をしていたのですが、2,3日であれば、さほど売上は落ちないような気がします。少しくらい遅くても○日発送とはっきりわかった方が安心する購入者も多いのかもしれないですね。
 かなり前に出品したこんな商品も売れました。

 
     446円

 今まで長く売れてなかった商品が、売れてくれると嬉しいです。旅行も行ってみるもんです。全然関係ないかもしれませんが。。。  


 現在ランキング22位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

「おめでたを知ったあなたへの手紙」 細谷亮太

 こちらも定価超えです。

 
     2000円

 さてこの本、そんなにランキングが高いわけでもなく、出品者も何人かいて、価格下落の恐れもあったのですが、すぐに売れてくれました。
 売れた後、気になって調べてみると、復刊ドットコムでも復刊リクエストが集まっている人気のある絶版本でした。

 このことから何が言いたいかと言いますと。もしこの本を店で見つける前に、絶版本ということで調べていたとしても、おそらくそうそう記憶に残らなくて、店でもあってもチェックできない可能性もあると思うんですよ。でも今回こういう形で実際に自分で売ってみたわけで。この経験のおかげで、記憶にしっかり残ったので、今後安く売っていれば、すぐに見つけて買うことができると思います。
 つまり、経験っていうのはやはり大きいんじゃないかと。

 今、高額商品リストを調べようと思ったらいろいろ方法はあるわけです。
予約注文リストはもちろんのこと、掲示板の品薄レポートだってありますし、場合によっては、ただ出版社やジャンルのカテゴリーで検索して価格の高い順に並べるだけでも十分使えるものが出てきます。
 でもなかなかそれだけじゃ覚えられないですし、仮に店であっても見つけるのは困難ですよね。実際、自分でも少しでも記憶に残ればと思って、定期的に予約商品メモを作成していますが、店で購入できたことはほとんどないです。
 結局、どんなに良いリストやマニュアルがあっても、使う力がなければ、意味がありません。逆にどんどんせどりを続けていって、経験を踏めば、自分なりのリストやマニュアルはできていくんだと思います。

 ね、悪いこと言わないので、高いお金を出してリストやマニュアルなんて買うのはやめましょうね。

 ・・・とか書いてこの下にノウハウの広告が入ったらおかしいので今回は広告はカットです(笑)


 現在ランキング22位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking


「快傑/風雲ライオン丸 (ピー・プロ70’sヒーロー列伝) 」

 プチ定価超え本が売れました。

 
     2258円

 実はこの本出品時の相場は、1万越えだったんです。さすがにその値段じゃ売れないのでは?と思いながらもとりあえず合わせて出品してみました。
 その後、しかしと言いますかやはりと言いますか、どんどん値下げ合戦が起きまして。高値で据え置いたりもしていたのですが、値下げは止まらず。結局、我慢できず、一気に最安値に合わせたところ、売れました。
 でも今改めて見ると、値下げしすぎてしまった気がします、ヤフオクでももう少し高値での落札記録もありますし。このあたりを冷静に判断するのが、難しいんですよね。。。


 現在ランキング21位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

予約商品メモ(2008年9月その3)

 予約注文メモです。久しぶりのDVD編です。

   

   

   

   



 現在ランキング22位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:DVD - ジャンル:映画

Amazonランキング論 その1

 今回はAmazonの販売時前後でのランキング変化について、書いてみたいと思います。

 何度か書いておりますが、昨年の6月あたりからランキング算出方法が変更されたようで、一度Amazonで注文があると、どんなにランキングが低くても1-3万位台あたりまで急上昇するようになりました。
 このランキング上昇に関して、自分が販売した26冊の書籍について、データをとってみました。結果は以下のとおりです、長くなりますが全て載せてみました。数字は
販売直前のランキング→販売直後のランキングで、()内は販売価格
を表していて、販売直後のランキングが高い順に並べています。安い商品が多く恥ずかしいのですが。。。

61,567 → 4,827 (26円)
14,225 → 6,472 (96円)
24,274 → 6,733 (600円)
32,111 → 7,612 (240円)
29,523 → 8,203 (1876円)
44,390 → 10,298 (1780円)
55,410 → 11,357 (780円)
95,006 → 12,499 (736円)
70,092 → 13,929 (1938円)
61,557 → 13,975 (340円)
65,052 → 14,369 (1746円)
81,805 → 15,312 (900円)
522,571 → 15,404 (7000円)
142,662 → 16,484 (464円)
172,976 → 17,979 (2258円)
198,135 → 18,346 (332円)
241,246 → 18,888 (236円)
242,353 → 18,927 (354円)
226,178 → 19,813 (1200円)
216,832 → 22,048 (260円)
401,649 → 23,491 (278円)
230,813 → 23,705 (94円)
450,869 → 25,052 (4780円)
568,091 → 25,101 (2480円)
330,169 → 25,612 (640円)
702,661 → 26,492 (6円)

 これを見ますと、販売直前と直後の間には、相関(=販売直前のランキングが高い方が販売直後のランキングも高い)が見られますが、販売価格は明らかに相関はなさそうです(=順番がバラバラ)。

 一応、販売直前と直後のランキングはもう少し整理してみます。 販売直前のランキングを
A:5万位以内、B:5-10万位、C:10-30万位、D:30-50万位、E:50万位以下の5つに、
販売直後のランキングを
ア:1万位以内、イ:1-1.5万位、ウ:1.5-2万位、エ:2-2.5万位、オ:2.5万位以下の5つに
それぞれ分けて表にしますと。

    | ア | イ | ウ | エ | オ
A:  | 4 | 1 | 0  | 0  | 0
B:  | 1 | 5 | 1  | 0  | 0
C:  | 0 | 0 | 6  | 2  | 0
D:  | 0 | 0 | 0  | 1  | 2
E:  | 0 | 0 | 1  | 0  | 2

 どうですか、明らかに相関がありますよね。

 ここからは推測になりますが。Amazonランキングの算出方法の今のところの自分なりの結論です。

1.ランキングの算出には販売価格は関係なく(もしくは極めて影響は少なく)、注文数によってだけ決まる。
2.直近の1時間で注文があった商品から、上位のランキングになる。この時注文数が多い方が、上位になる。
3.直近の1時間での注文数が同じ場合は、直前のランキングが高い商品の方が、上位になる。

 どうでしょうか。まだわからないところは、
1.マーケットプレイス(中古)と新品での違いはあるのか
2.過去の注文歴はどのような影響を与えるのか(例えば1日前に1注文あった商品と3日前に2注文あった商品のランキングの推移はどうなるか)
3.商品形態(例えば写真集や文庫など)によってランキングの算出に違いはあるか

などなどたくさんありますが。

 何かご意見があればどうぞよろしくお願いいたします。
「Amazonランキング論その2」はあるかわかりませんが。。。


 現在ランキング24位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

需要と供給のバランスによる分類

 今回は需要と供給のバランスについて考えてみます。


1.需要も供給も高い商品
 これはさらに2つに分けられるでしょうか。
 一つは人気の文芸書や話題のタレント本のような発行間もない新しい本です。今で言えばこのあたり。 

  

 すぐ売れるのは良いのですが、仕入れ店舗でも当然高い価格で売られていることが多いので、Amazonの瞬間的在庫切れを狙う以外は、セール時くらいしか通常はなかなか仕入れられません。また、時間が経つにつれ、供給が需要を大きく上回るようになり、相場はどんどん下落していきます。ですので、単Cに落ち始めの時に見つけられれば、薄利回転本として仕入れは可能ですが、仕入れた時は売り時を逃さないようにしなければなりません。完全に期間限定です。
 もう一つは、「金持ち父さん貧乏父さん」や「7つの習慣」といったような長く売れ続けている本です。

  

 これは安定した需要があるので、大きく相場が崩れず、最安値でなくても売ることができることが多いです。ただ、最近は供給が過多になり、1円本と化してしまうものも多いですね。このあたりも昔は安定した回転本だったんですけど。

  


2.需要が供給を上回る商品
 いわゆる「お宝」商品です。目利き力が一番試される商品で、利益も当然大きくなります。初回限定品の転売なんかもここに分類されますね。

   

 予約注文やオークファンでの相場から売れる価格は保障されていますので、仕入れられると嬉しいです。時々、再販などで相場が崩れることもありますが。  このような商品をたくさん仕入れできれば、それに越したことはないのですが、なかなかそうはうまくはいかないですよね。


 3.需要が供給を下回る商品
 ここは、過去のベストセラー本や、古い資格本などで、通常はせどりの対象にはなりません。初版、帯付きなどの付加価値があるときは別ですが。
分類1の回転本のなれの果てがここに分類され、ブックオフ単C棚の9割はこのような商品でしょうか。

    


 4.需要も供給も低い商品
 Amazonで言うと、ランキングが50万位以下で、出品者が5人以下あたりの商品ですかね。
 分類2のお宝はなかなか見つからない、分類1の回転本は効率が良くないということになると、このような商品を仕入れる必要があるわけですが。
 ある意味、ここが一番、せどりの実力が試されるところではないかと思っています。相場を調べたくても、予約注文もない、オークファンでも落札記録がない(もしくはあまり高くない記録のみ)という時、携帯サーチして定価越えや在庫切れだったからと言って、実際に期待していた価格で売れるとは限りません。実際、多くの方が、○千円の相場で喜んで仕入れた商品が、売れないままに、今は100円以下で出品者多数なんて経験をしているのではないでしょうか。
 つまり、ランキングが低い本は、価格下落の可能性も低いという反面、一度相場が下がると取り返しのつかないことになる危険性があるのです。
 このあたりは、今までの自分のせどりの販売経験や、気になるキーワードによって、見極めることになるので、せどりの実力が一番試されるということに繋がるわけです。  結局、自分の実力がないので、このような商品よりも回転薄利本を重視してしまうのかもしれないですね。

 さてこれを踏まえ一つ例を。あなたならこの商品をサーチしたとして、仕入れますか?仕入れたらいくらで出品しますか?どのくらいの期間で売れると思いますか?






 現在ランキング25位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking






テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

「青色発光ダイオードは誰のものか」

 単C購入本が売れました。

 
    998円

 最近は本当に単Cでの仕入れは難しくなり、購入量は減りました。他の方のブログを見て、時々「こんな商品が単Cで見つかるなんて羨ましい」なんて感じることもあります、まあ地域によっても違うとは思うんですが。でも実際は自分が行っている店舗の単Cでも、高く売れるのに見つけられていないこともたくさんあるんでしょうねー。


 現在ランキング31位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:購入/売却書籍 - ジャンル:本・雑誌

「在庫力」について

 最近、中年男さんのブログで「在庫力」について書かれた記事があり、他の方もコメント欄や自分のブログで言及されていました。
 その時、自分もコメントで書かせていただいたのですが、自分なりの「在庫力」への見解をここで書いてみたいと思います。

 中年男さんは「在庫力」について、『新規出品しなくても、あまり売上が下がらない在庫が「在庫力」があるということにする』と書かれています。
 また、このためには、『実は回転率が低いけど、それなりに高単価の在庫が多く含まれている必要があり、回転率が低いからこそ、この場合価値がある』と続けています。
 どうも自分には、この売上が下げない在庫にするために、回転率が低いものにも価値があるという考え方には違和感を感じてしまいます。

 一つ例を出してみましょう。今1000円で出品している商品が100冊あるとします。この在庫が、次の2通りの売れ方をするとしたら、どちらを選びますか?

1.最初の1か月で50冊、2か月目で25冊、3か月目で15冊、4か月目で残りの10冊が売れる
2.1か月ごと10冊ずつ売れ、10か月目で最後の10冊が売れる

 価格の下落がないと仮定すれば、1は売上が次第に落ちており、2は売上は落ちていないので、2の方が、「在庫力」があるので良いとなるのでしょうか。でも、どちらの場合も総売上額は変わりませんし、どちらかが良いかと言えば、早く売れている1の方が良いと思うのですが。

 ではもう一つ例を。
 10冊セットで1000円の商品が2つあります。アマゾンでは単品で売るとして、さてどちらを買いますか?

1.10冊全てランキング10万位以下のセット
2.ランキング10万位以下と10万-90万位台が1冊ずつのセット

 出品者数などの条件が同じであれば、この時、わざわざ一度にすぐ売れないように、2のセットを選ぶ人は少ないと思うのですがどうでしょうか。

 ちょっと極端な例だったかもしれませんが、これを踏まえた上でもう一度書きます。「売上が落ちないために、回転率が低いものに価値がある」なんてことあるでしょうか。

 実際にはこの「回転率が低いもの」というのには、「価格下落のリスクが少ないもの」という意味が暗に含まれていると、中年男さんがブログのコメントで追記されております。
 確かに、「価格下落のリスクが少ないもの」には価値があると思いますが、必ずしも「回転率が低いもの」が必ずしも価格下落しないわけではないですよね。このあたりを見極めることが大事ということだと思うので、結局重要なのは、「在庫力」ではなく「目利き力」となるのではないでしょうか。

 一応、「在庫力」という言葉について自分なりに定義してみますと。
 これは単純に在庫数×平均単価(=現出品価格の和)ということになるのではないでしょうか。
 ようするに商品の形でどれだけの資産があるかという意味ですね。もちろん、、実際はまず売れることのない不良在庫や、価格下落も考慮する必要があるわけですが、とりあえずこれで近似できるかなと思います。

 さてこの意味での「在庫力」を上げるためには。
 単純ですが、買える時に仕入れられるだけ仕入れろということでしょうか。当然それぞれの方により、保管場所や資金や時間の制限はあるので、その範囲内でということにはなりますが、これは副業の方でも専業の方でも通じることではないでしょうか。万が一の際に備えるという意味での対策は、これが一番ですよね、せどりに限って言えば。

 以上のことから。
 個人的にはやはり重要なのは、回転率であり、仕入れをしなかった時に売上が落ちることは当然のことだと考えます(確率論的に言っても)。結局、売上を下げない最良の方法は仕入れしかないのです。
 実際は、自分でも仕入れができなく、売上が落ちた時に、昔仕入れた本が売れてくれると、嬉しく思いますが、それは結果論かなと。
 というわけで。回転率が良いのであれば、仕入れをしなかった時に、売上が落ちても、全く気にすることはないと思いますよ、ラスカルさん。


 現在ランキング40位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

予約商品メモ(2008年9月その2)

 予約注文メモです。

   

   

   

   



 現在ランキング42位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

「禅ゴルフ」

 ゴルフの本が売れました。

 
    700円

 スポーツ関連本の中でもゴルフの本は割とせどれる本が多い気がします。大人になって始めて、上達しようとする人が多いのでしょうかね。
   それにしてもこの2,3日の売上は非常に悪いです。数少ない売れた商品も安いものばかりなんですよね。。。


 現在ランキング36位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

「妖怪旅日記」

 出品者の中で最高値にもかかわらず売れました。

 
  1280円

 売れた理由は、帯があったからでしょうかね。なかなかできませんが、何かしらの付加価値がある時は安易に最安値に追随せずに、少し時間がかかってもうまく高い価格で売りたいものです。


 現在ランキング35位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

「Yahoo!JAPAN公認 世界で一番カンタンなブログ入門」

 ブログ入門本が売れました。

 
   800円

 ブログ関連本は、人気のあるものも多いですが、この本も3年ほど前の割には価格は落ちていません。単Cでこのクラスがすぐに見つかると嬉しいんですけどね。なかなか最近はそう甘くはありません。


 現在ランキング36位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:購入/売却書籍 - ジャンル:本・雑誌

携帯サーチのタイミング

 出品後ちょうど一年で売れました。

 
  2900円

 一応定価越えです。
 この本は、9月9日0時現在、ランキングは136,348位ですが、売れる前は95万位ほどでした。このランキングからおそらく前回売れたのは、約2か月ほど前と思われます。このペースだと年に数回程度しか売れない本ということになります。

 さてこの本の今後の相場を勝手に予想。

9月10日:ランキング17万位台 出品者1人 最低価格2900円
9月20日:ランキング40万位台 出品者2人 最低価格2700円
9月30日:ランキング55万位台 出品者3人 最低価格2200円
10月30日:ランキング90万位台 出品者5人 最低価格1500円
11月30日:ランキング100万位台 出品者6人 最低価格800円

 どんなもんでしょう。まあ正直、マイナーな本ですから出品者はここまで増えないと思いますし、相場も下がらない気はしますが、この先売れないとランキングの推移は大体このような動きになると思います。
 皆さんならどの時に携帯でサーチしたら仕入れそうですか?9月10日時点でもし単Cで見つけたら、大抵の人は買うのではないでしょうか。500円セールとかでも自分なら仕入れそうです。
 でももし11月30日の状態だったら、単Cでも買うのは躊躇しそうですよね。
 こんな感じでわずか2か月の間でも、これだけランキングと価格は変化する可能性があるのです。(上の例は少し極端かもしれませんが)

 こう考えると、本を見た感じの自分の直感も大事ということになりそうですがどうでしょうか。  


 現在ランキング42位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

予約商品メモ(2008年9月その1)

 予約注文メモです。

   

   

   

   



 現在ランキング52位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

「フェラーリと鉄瓶」

 回転本が売れました。

 
  636円

 今日は一応仕入れに行ったのですが、セールはやっていないようだったので、早々に帰ってきました。セールに慣れてしまうと、通常時にやる気が出ません。商品棚の回転が悪い店舗だと特にセール直後は枯れていますからね。こんな時にはまた在庫処分すべきですかね。


 現在ランキング41位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

「悪魔が来たりて感染症」

 500円セール本が売れました。

 
  1978円

 9月に入ってから売上は低空飛行です。仕入れも価格調整もほとんどしていないから仕方ないですが。週末でもセールがあれば仕入れしたいところです。


 現在ランキング36位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:購入/売却書籍 - ジャンル:本・雑誌

史上最低の映画!?

 DVDが売れました。

 
  3680円

 この「死霊の盆踊り」という作品、Amazonのレビューを見ると非常に面白いです。どうやら伝説の史上最低の映画として悪名高い作品らしく、皆さん散々な評価をしております。ただ、それが逆に興味を引くらしく、ランキングも悪くなく、価格も下がっていません。
 そしてついつい自分も見てしまいました。いやー、噂に違わずひどい作品でしたよ、興味を持った方は、見てみて下さい。


 現在ランキング38位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

8月のせどり成績

 8月のせどり成績です。

 平均単価:1552.4円
 一日平均販売率:0.44%
  月曜日販売率:0.61%
  火曜日販売率:0.39%
  水曜日販売率:0.19%
  木曜日販売率:0.36%
  金曜日販売率:0.53%
  土曜日販売率:0.44%
  日曜日販売率:0.53%
 評価率:25.81%
 定価超え商品率:21.77%

 先月から一転、平均単価が今年最高を記録し、利益も回復しました。販売数はほとんど変わらなかったのですが、高額DVDが売れたのが大きかったです。今月は販売率ももう少し高めたいところです。


   ランキングは現在37位です。人気blogランキングへ

 こちらも参加してみました。FC2 Blog Ranking




テーマ:Amzonマーケットプレイスで売れた本 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。